田宮流 居合



【居合術の成立】

紫電一閃、抜刀とともに敵を倒す。
居合は剣術とはまた異なった刀操法である。
最初から抜いてある状態の刀の運用技術を学ぶ剣術とは異なり、居合術は鞘に収めてある状態の刀を瞬時に抜き放ち相手を制する技術で、その太刀行きの速さが特徴である。
居合の始祖は、天文11年(1542年 室町末期)出羽山形に生まれ、父の仇討ちを果たすため林崎明神に篭り武芸を磨き、抜刀の妙意を悟徳し林崎夢想流居合術を完成させた林崎甚助重信という。
そこから多くの流派が生まれた。
現在伝承されている居合術は今から430年前の戦国時代に見られ、「抜刀」、「抜居」、「居相」、「抜剣」、「居合」、「鞘の内」、「利刀」、「詰合」、「詰坐」、「坐撃」などと書かれている。
これらは全て【いあい】と読み、それぞれの字が居合術の特徴を示している。
江戸期に入って、体と心の動きを練磨する修身の道(心・技・体の一致)としての側面を持ち合わせるようになった。


It is believed that IAI-DO ”Hayasizaki-Muso-Ryu-IAI” was started by Hayashizaki Jinsuke Shigenobu at the age of 25.
He was born in 1567 in Yamagata prefecture.
The secret-strange technique of quickly drawn KATANA (long sword) was practiced as a result of ascetic practices in order to accomplish his father's revenge during his stay in Hayashizaki Temple to pray to Hayashizaki Myojin (God of Shinto)
After the Edo era began, this movement of the mind, skills of sword drawing and the body as physical training also came to be a vehicle for moral training.
Many “Ryu-Ha”(Schools, Sects, Ways) of IAI-Do were formed since that time until now.
About 30 of them still practice this art .




【田宮流の系譜】

田宮流居合は天正戦国時代、林崎夢想流居合術の2代目を継いだ関東生まれの田宮平兵衛業正(重正)を流祖とし、浜松城主徳川頼宣の庇護を受け3代将軍家光の御前で柳生但馬守の門人木村助九郎らと共に武芸上覧に供し、これにより田宮流は全国に知られるようになった。
(古田宮流、紀州田宮流、新田宮流があるが、正統は紀州田宮流とされている。)
現在の田宮流は、紀州藩の分家伊予西条藩に伝承された田宮神剣流(略称:田宮流)として大成し、第十四代 妻木正麟元信宗家(小田原)が道統を継承していましたが、平成19年6月に逝去、現在は息子の妻木達夫が継承しています


Tamiya-ryu was established by Tamiya Heibei Narimasa.
He was born in the Kanto region about 400 years ago and was succeeded in the second generation by Hayasizaki Jinsuke Shigenobu( Hayasizaki- Muso-Ryu-IAI ).
He showed his own IAI-DO (a quick draw of the sword) in the presence of the 3rd- Syogun Tokugawa Iemitsu, and as a result, the Tamiya-ryu came to be known to the whole country.
Afterwards, Tamiya-ryu had been separated into three sects.
One is KO-Tamiya (Old-Tamiya), 2nd is Kisyu-Tamiya and 3rd is Sin-Tmiya (New-Tamiya) but they have gone cold (broken off).
A present Tamiya-ryu is the one that it is called "Tamiya-Sinken-ryu" that draws the flow of Kishu- Saijo clan.
It has been finally inherited by the Tsumaki-Familly.
Nowadays, Mr. Tsumaki Tatsuo (son-in-law) has succeeded "Tamiya-Sinken-ryu" as the 15th current grandmaster.




【太刀と刀】

太刀は、時代的には鎌倉中期以前の初期の日本刀で、片手で握り馬上での戦闘に使用され、刀に比べて長く、刃を下に向けて左腰に吊るした。
刀は、鎌倉中期〜桃山時代以降に一般的になり、刃を上に向けて左腰、帯に差し込む。
刀の長さは二〜三尺で反りが少なく実戦的な地上平地の戦闘用に変化している。
太刀は例外的にしか作られなくなった。


KATANA-sword was made after the mid-Kamakura period and it’s length is 2-syaku〜3-syaku( 66cm〜99cm) with smaller SORI (curvature) and it is inserted in the OBI(belt ) of a left waist with turning the blade up.
It is grasped with both hands and is more practically used to combat in ground warfare but not on the horseback.
Therefore it has been greatly changed in comparison with TACHI-sword.
TACHI-sword is generally longer and its aspect-shape is considerably different in comparison with KATANA-sword.
It is hung on a left waist with turning the blade below and is grasped by one hand and is used for combat on horseback.
It was made before the mid-Kamakura period and is now made only in exceptional for appreciation.




【刀に関する言葉】

「鍔迫り合い」、「切羽詰る」、「目貫き通リ」、「折り紙付き」、「札付き」、「鎬を削る」、「反りが合わない」、「元の鞘に収まる」、「鐺ずく」 等々。




【刀の新旧】

古刀・・・・・慶長5年(1600年)関が原の戦い以前の作刀
新刀・・・・・関が原の戦い以降の作刀。関が原の戦い以降戦乱が終わり、刀に対する需要と製 作方法に大きな変化。これ以降の作刀を新刀と呼称している。
新新刀・・・1770年以降、幕末の作刀
現代刀・・・明治以降の作刀




田宮神剣流居合 神明会